2008年05月15日

通常版と優待版の違いは?

通常版と優待版の違い


カスペルスキー(インターネットセキュリティーソフト)を例にして見ました。
Kaspersky Internet Security 7.0

通常版 希望小売価格: 12,800円[税別]
優待版 希望小売価格: 6,800円[税別]


優待版の条件
優待版の対象は他社セキュリティ対策ソフト・サービスをご利用の方、
及び、ジャストシステム製品をお持ちの方。

と記載しています。

つまり、「他の製品からこの製品に乗り換えてください。」と言っているようなもんです。
しかも、セキュリティーソフトには30日間の試用版もあり、こちらをインストールしていても対象となるわけです。

通常価格と優待版の価格の違いは圧倒的ですので通常版を買った人は、かわいそうですね。

ほしいソフトを買う場合は「優待版などの製品があるか?」など調べる必要があり、又それぞれの条件も見ましょう。

通常版・優待版・アップグレード版など

そのほか、ダウンロード購入だとさらに安くなったりすることがありますので覚えておくと良いでしょう。


ちなみに カスペルスキー(インターネットセキュリティーソフト)
Kaspersky Internet Security 7.0


通常版 希望小売価格: 12,800円[税別]
ダウンロード通常版 望小売価格: 8,900円[税別]

優待版 希望小売価格: 6,800円[税別]
ダウンロード優待版 望小売価格: 4,914円[税別]


その他、優待版


posted by lxvxl at 13:05| 知って得する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。