2012年04月12日

英語などの字幕ファイル(srt)を日本語に変換

英語などの字幕ファイル(srt)を日本語に変換

そして動画ファイルに合わせたい



準備するもの
動画ファイル ファイル形式 avi/flv/mp4/wmv 等
軽い90分ファイルも用意しています。ダウンロードはこちら
srtファイル



GOM PLAYER → こちらからダウンロード


解説

1.字幕ファイルを右クリック編集。または、拡張子「.srt」を「.txt」にリネームして開く。


2.メモ帳ソフトが起動します。
編集または右クリックですべて選択をクリック。


3.編集または右クリックでコピーをクリック。
メモ帳は閉じずにそのままで良いです。

4.Google翻訳サイトを開く



5.テキスト入力範囲内で右クリック→貼り付けをクリック。


6.貼り付け後、しばらくすると右側に翻訳されます。(うまく翻訳されない場合があります。もう一度翻訳をクリックしましょう。)





7.翻訳された側で右クリック → すべて選択をクリックまたは範囲指定してコピーしましょう。



8.先ほどのメモ帳に戻り、貼り付け。
メモ帳を閉じた場合は1→2のすべて選択から貼り付けをしてください。




9.若干違っていたりするので修正します。編集から置換をクリック。


10.上記のように編集しました。保存をして拡張子を変更した場合は「.srt」に戻しましょう。



11.動画ファイルと字幕ファイルの名前を同じにします。
上記の場合は動画ファイルの名前を変更しました。拡張子は変更しないでください。
※拡張子が表示されていない場合は過去記事に拡張子の表示説明があります。パソコン購入時の設定では表示されないようになっているのがほとんどです。これでは、パソコンの上達はできません。拡張子を知ることでパソコンの上達につながります。これは、必ずやってもらいたいことです。
過去記事 → こちら



12.GOM PLAYERを起動。
動画ファイルをクリック&ドロップで移動し再生。


13.動画ファイルに字幕がついているはずです。字幕の表示は画面上で右クリック → 字幕メニュー → 0.5秒早くor遅くで調整。

以上です。


追記

英語字幕を日本語にしているのでおかしいところもあると思います。気になるところは置換をうまく使い編集しましょう。

字幕ファイルを編集で覚えておきたいこと。
置換をつかう。

編集 → 置換をクリック。


上記のは「でしょうか?」を「なに?」に置換しました。
ドラマであれば名前を置換など多々あると思います。
置換後の文字列に何も入れなければ削除となります。「あなたは」などは必要のないことが多いです。



すべて自己責任でお願いします。

posted by lxvxl at 00:00| Comment(0) | 動画関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。